HOME > 症例 > Case1. 膝の痛み

Case1. 膝の痛み

右膝内側の痛み 

保育士(31代 女性)

園児と運動場で遊んでいる時、子供をおんぶした状態から立ち上がる動作をしたときに右膝に痛みが出現する。右脚に体重がかかった時の歩行時痛が続くため一週間後整形外科クリニックを受診する。 レントゲン上は骨には異常なく腫れ僅かなために軽い打撲という説明で、痛み止め薬と湿布を処方される。しかしその後も痛み続くため知人の紹介にて当研究所を紹介され来所される

初来所(初回)

【評価】 右脚に重心がかかった時の歩行時痛が主訴。しゃがみ込むと右腰と右膝の内側に痛みが出現。仙腸関節テストで陽性。

【施術内容】 関節Fasciaリリース(仙腸関節と距骨下関節)を実施 直後より歩行時の痛みはほぼ消失する。しゃがみ込みの動作の痛みは腰痛は軽減するが右膝痛は残る。しゃがみ込みの際に膝が内側に入るサイン(Knee in toe out)であることを説明し、その生活指導を行う。

2回目(1週間後)

【評価】 歩行時の痛みは消失している。 しゃがみ込む動作は痛みないが、その後立ち上がる時に右膝内側に軽度の痛みが残っている。

【施術内容】 股関節や膝周辺の組織(Fascia)の癒着している部位に対して軟部組織Fasciaリリースを実施する。 特に縫工筋と薄筋の近くを走行する伏在神経のリリースにて痛みがかなり改善。癒着が再燃しないようなKee out動作訓練を指導した。 その後痛みは再燃していない。

≪解説≫

当症例は、仙腸関節と距骨下関節(足部の関節)の関節Fasciaリリースと脚の使い方の癖(Knee in toe out)の改善のための筋膜・神経などの軟部組織Fasciaリリースで症状が改善した症例。 またその癖を改善する生活指導(Knee out動作訓練)を実施しました。

このサイトは、痛みのリハビリ研所のコーポーレートサイトです。